head_img_slim
HOME > History of aroma

アロマの歴史

アロマテラピーは、紀元前3000年 古代エジプトの時代には技術はすでに出来上がっていたといわれています。 当時は、<薫香>香りのよい樹木や芳香植物を炊いて神々に捧げる習慣や病人を癒すものと<浸剤>お湯やオリーブオイルなどに芳香植物を浸して飲んだり体に塗ったりしたのが主でした。

アロマテラピーという概念が確立したのは1931年ごろフランスの科学者ルネ・モーリスガットフォセが「アロマテラピー」という言葉を造語しました。 日本でのアロマテラピーの普及は1985年ごろイギリスを中心に活躍するアロマセラピストの本が翻訳出版され本格的な普及がスタートしました。 イギリスでは1960年ごろ〜1980年代にかけてシャーリープライス、ロバート・ティスランドによるアロマテラピースクールを開設、卒業したアロマセラピストたちが各地域へ持ち帰り、アロマテラピーの普及にも繋がりました。 今では日本でもお店で手軽に精油が手に入ることもあり、ホームアロマやアロママッサージも日常となりつつあります。


ページトップに戻る